アンチネオプラストン療法:治療法

副作用がほとんどなく多くのがんに有効

#

現在、アンチネオプラストン療法を行っている医療機関は、世界でもまだ、ブルジンスキー・クリニックと当院だけです。ブルジンスキー・クリニックでは、アンチネオプラストンを使った、脳腫瘍に対する12の臨床試験が行われており、すべての試験は米国食品医薬品局(FDA)に登録され、試験結果も報告されています。
臨床試験には、子供から大人までの様々な脳腫瘍が含まれ、過去10年の間に2,000人以上の患者さんがアンチネオプラストンを使った臨床試験に参加し、大きな成果を挙げています。
臨床試験の経過についての公式な報告は、ブルジンスキー博士と同スタッフによって、医療シンポジウムや医学会で定期的に発表されています。
アンチネオプラストン療法は、ブルジンスキー・クリニックではFDAの主導によって、脳腫瘍に対する臨床試験の形で治療が行われていますが、本来この治療法は、部位を特定しない、多くのがんに効果が期待されるものです。当院では、多くのがんに有効な治療法として臨床に導入しています。
アンチネオプラストン療法では、点滴による投与を基本的に毎日行います。そのために、倦怠感、皮疹などの副作用がみられることがありますが、重篤なものは多くありません。
投与の期間は個人によって違いがありますが、一定期間の投与を続けたあと、効果の有無によってその後も継続するか否かを判断します。

治療金額の目安

#
アンチネオプラストン点滴 1回 50,000円〜

がんでお悩みのことがあればまずはご相談ください

  • はじめての方へ
  • 治療から相談まで
  • 初診予約の受付

三番町ごきげんクリニック

TEL03-3237-0072 東京都千代田区三番町8-1 三番町東急アパートメント1101
  • がん治療についてのお問い合わせはこちら
  • がん診療のご予約
ビタミンCはガンに効く
関連書籍:「がん治療の第四の選択 5種複合免疫療法」

三番町ごきげんクリニック
TEL 03-3237-0072
〒102-0075 東京都千代田区三番町8-1 三番町東急アパートメント1101